日本経済新聞 平成15年6月27日金曜日 にて
介護事業に本格参入の記事が掲載されました。
日本経済新聞 平成15年6月27日

カワムラ
 介護事業に本格参入  松下電工子会社と提携

 木造住宅メーカーのカワムラ(旭川市、川村純一社長)は松下電工の100%出資子会社と提携し、在宅介護に関する増改築や介護用品の販売・レンタル事業を始めた。一年半後をメドに介護事業部門を独立させ、旭川以北の地域にも新規出店する方針。

 松下電工エイジフリーショップス(大阪府門真市)のフランチャイズチェーン(FC)店を本社ショールーム内に開設。約100平方メートルの売り場に福祉住環境コーディネーターなど有資格者3人を配置した。家屋構造の確認・測量から個々の要介護者に応じた改修プランの提案、設計・施工まで一貫して取り扱う。

 手すり取り付けといった簡単な工事からホームエレベーター設置など大規模回収まで請け負う。一年後に月2000万円の売り上げを目指す。

 在宅介護仕様の住宅建設や介護用品販売は一部手掛けていたが、「事業拡大のためには専門業者と提携してノウハウを吸収する必要がある」(川村社長)と判断した。一般戸建て住宅の新築工事にも介護事業の実績を応用していく考え。

 

資料請求・お問い合わせはこちら 資料請求・お問い合わせはこちら スタッフ紹介